じゃがいも収穫祭ダイジェスト
さあて、先月行われた藤本秀さん、伊原セイチさんの延長ACTファイナルイベント、
じゃがいも収穫祭

こちらのイベントが終わってから早1カ月も経ってしまいました。あ


遅くなりましたが、とっても楽しかった「じゃがいも収穫祭」の様子をお伝えしたいと思います。




夏真っ盛りの日。
場所は信楽ACT2012でも会場となっていた丸京広場。
藤本秀さんの「愛ではない」が広場に渦巻を作りだし、ACTを見に来られた方々によって4月に植えられたジャガイモがすくすく自分の力で育っていました。
愛を注がず、水や肥料を与えず、ただひたすら粘土層の大地の貧弱な栄養を自分の力でなんとか吸収し、育ったじゃがいもたち。
どれほど収穫できるか、当の藤本さんでさえ分からない。
でも、それでいいんだと。

当日は知り合いの料理人、通称「滋賀の食爺さん」によるジャガイモ料理と夏真っ盛りにうれしいトマトベースのひやむぎパスタ。

それはそれはおいしい料理でした。
お昼からビール片手に、鍬をもう片手に持ち、みんなそれぞれジャガイモを収穫です。










予想よりもけっこうたくさん採れています!!手


レゲエバンドの歌を聞きながら、夏の昼下がりを老若男女みんな満喫していました。
子供たちは裸で走り回り、大人も子供も土を一生懸命掘り返しています。
平和な1日。



おーい。みんな裸だぞー。




特別出張、「チャイ屋」さんも出ています。





伊原セイチさんの巨大な作品「きのむかうところ」も広場にあり、その世界も十分に堪能できました。


お天気もなんとか持ち、お開きとなったとたんスコールが降るという抜群のタイミング。
多くの方々のご協力の下、素晴らしい収穫祭を無事終えることが出来ました。
この場をお借りして皆様に改めて御礼を申し上げたいと思います。


本当にありがとうございました。


| 信楽ACT2012 | 22:07 | comments(0) | -
丸京の二人展ファイナル
信楽ACT2012から4カ月、時間の流れと共に展示し続けてきた藤本秀、伊原セイチの2人の展示がファイナルを迎えます。

藤本作品の「愛ではない」は、信楽ACT2008「耕す。」、2009「雨」、2010「殺風景に勃起する。」からの連作で、人間を自然の一部と捉え、そこに共存することでアートが繰り広げられるという観点から繰り広げられる。

大地を舞台にスケール感のある壮大な作品展開は、自ら山を切り開いて立てた窯場で日々過ごす藤本ならではの展開と言えるかもしれない。
今回の作品は、人が愛情を持って育てることと、自然が育まれることを、栄養分の少ない粘土の中にジャガイモを植え付けることで表現しようとしている。


一方、伊原セイチの作品は、「いのち」という主題を、巨木を使って表現している。
木が生きた分だけ大きくなる様に強い憧れのようなものを抱き、その様に魅了され続けている伊原は、何百年もの年輪を重ねる巨木を最小限の加工に抑え、地上に浮かび上がらせている。

本来太陽に向かって伸びるはずの木を90度倒し横に向かわせる今回の作品からは、現代社会への強いメッセージを感じる。

刈り込まれた夏草は、渦巻の延長となった。2週間後枯れ草と緑のコントラストが楽しみだ。
信楽ACT2012「愛ではない」藤本秀
藤本秀「愛ではない」


渦巻状の粘土質の畑に育ったジャガイモ
粘土の中で育ったじゃがいも
藤本秀




草の海を突き進むスピード感が気持ちいい。
信楽ACT2012「きのむかうところ」伊原セイチ
伊原セイチ「きのむかうところ」


2人は、人は自然に生かされているということで共通点を見出している。そして広大な大地と共にある作品群は見ごたえたっぷりだ。


信楽ACT2010「殺風景に勃起する」藤本秀 場所:丸京広場


信楽ACT2009「雨」藤本秀 場所:丸京広場


今回の信楽ACTは「愛ではない」と「きのむかうところ」、の両作品の展覧会「丸京の二人」のファイナルパーティーを行います。
当日は愛をそそがれず、必死に育ったジャガイモを、収穫して、おいしく頂きます。

じゃがいも収穫パーティー

日時 2012年 8月 18日 (土曜日) 13:00〜

会費 いも料理 500円  生ビール 500円  *お茶等は持参でお願いします。

レゲエライブ、チャイ屋などもあります。お楽しみください。

誰でも自由参加
*人数把握のため一報を8月10日までに信楽座メールにご連絡お願いします。当日参加もOKです。





| 信楽ACT2012 | 19:42 | comments(0) | -
ACTじゃがいも収穫パーティーのお知らせ
今回の信楽ACT2012に参加されていた陶芸家の藤本秀さんからのお知らせです。
藤本さんはACTでは、来場者の方々に鍬で地面を耕してもらうという参加型のインスタレーションを展開されていた作家です。

みんなが耕した地面にジャガイモを植え、その芽は今のところ(!)順調に成長しているようです。

そして育ったジャガイモの収穫祭を行うということですので、これはぜひ!みなさんご参加いただけるとうれしいです。
収穫祭を終えてこそ、藤本さんの作品が完成するのですね。


では、藤本秀さんからのお知らせです。
-----



 4月の信楽ACTから2か月、その後皆様は楽しくすごされていますか。
私藤本秀は時々我作品「愛ではない。」を見に行っています。
ら線状に植えてもらったじゃがいもが育っているかどうかを確かめるためです。
一番心配であった鹿に食われることもなく、細々ながらも一生懸命育っている姿に「ガンバレッ」と声をかけています。
収穫祭には皆様に集まってもらってじゃがいもを食ってビールを飲みたいと思います。
じゃがいもは食爺さんらが料理してくださるそうです。
みんなでワイワイやりましょう。楽しみにしておいてください。





じゃがいも収穫パーティー


日時 2012年 8月 18日 (土曜日) 13:00〜

会費 いも料理 500円  生ビール 500円  *お茶等は持参でお願いします。

誰でも自由参加 *人数把握のため一報を8月10日までに藤本 秀まで
メール fujimotoyama@mopera.net

| 信楽ACT2012 | 12:08 | comments(0) | -
信楽ACT2012×信楽窯元散策路イベント終了しました
今回の信楽ACT2012が無事終了しました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
作品展示やワークショップ、カフェや移動体ギャラリーなど、今回も盛りだくさんのイベントでした。

事故もなく、無事皆様が楽しまれたようで、とてもよかったです。

今回のイベントの写真など、随時アップしていきますので、よろしければまたご覧いただきたいと思います。


どうもありがとうございました!!
| 信楽ACT2012 | 20:01 | comments(0) | -
展示場所「二本丸長屋」
信楽ACT2012で今回初めて使わせていただく場所の1つがこの、「二本丸長屋」です。

この家は、増築を繰り返しながら、少しずつ横にながーく伸びていったお家です。



正面から見て、右側が一番古く、そこから左側に行くにつれて年代が新しくなるという家です。






ここには3人の作家が展示を行います。

そのうちの1人が、滋賀県立陶芸の森のゲストアーティスト、グイン・ハンセン・ピゴットさんです。とてもかわいらしいおばあちゃんで、この古いお家が気に入り、一番右側(築年数が古い方)の納屋を使われます。

今日はスタッフで掃除、展示棚設置などを行いました。



ピゴットさんはこんな方です。→信楽ACT2012グイン・ハンセン・ピゴット



納屋は暗いので、天井の一部をガラスに変えて、自然光を入れました。



ここにピゴットさんの「静物」が置かれます。

雰囲気のある空間、とても楽しみです。
| 信楽ACT2012 | 14:50 | comments(0) | -
1か月を切りました
信楽ACT2012まであとひと月を切りました。

準備も大詰めに差し掛かっています。



作家の皆さんも再度場所の採寸に来られたり、信楽の人たちに挨拶したり。

作家の展示やパフォーマンスで現地(信楽)で調達するもの、準備しなければいけないものの要望を聞き、スタッフも飛び回っています。



そんな中、スタッフ会議も重ね、会議後はサイン旗作りをしました。




会場は小路が多いので、迷わないようにこちらの小さな旗が皆様を誘導いたします。

ヒラヒラしている姿、早く見たいです。



JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 信楽ACT2012 | 22:20 | comments(0) | -
作家さんたちの打ち合わせ
先日、大きな広場で展示される3組のアーティストさん達と展示の打ち合わせを行いました。



場所の1つであるこの大きな広場。




夏、雑草が覆い尽くす季節に、家主さんの代わりにスタッフみんなで草刈りも行いました。

この広い場所には2人の作家の巨大な作品が出現します。

また、4人組のアーティストたちがインド式のチャイ屋さんもしてくれます。









ここから、山の稜線がきれいに見れるのですが、

この山の稜線が、大仏さんが寝ているように見えるのです。

地域の人たちからは「寝大仏さん」と言われています。





場所を貸していただく方と、信楽に来てくださるアーティストとの交流があってのイベントです。

何十年も変わらず守っているこの素晴らしい風景に、4日間だけ、まったく新しい風が吹きます。

そしてまた終われば、普段の美しい風景に戻ります。

地域の人たちが守っている景色があるからこその楽しいイベントだと思います。


JUGEMテーマ:地域/ローカル


| 信楽ACT2012 | 22:09 | comments(0) | -
USTで情報配信します
信楽ACT2012開催まであと2か月半ほどとなりました。

そこで、開催するまでの間、週1回ほどのペースでUST(ユーストリーム)から信楽ACT準備の進行状況や、町の人との関わり、そのほか町に関するいろんな考えを発信していきたいと考えています。

毎回町の人にゲストとして来てもらい、アート×町×人×産業のクロストークをしていきます。

初めての試みで、番組がどうなるかはこれからですが、なるべく皆様に分かり易くお伝えできるようにがんばりたいと思います。



第1回目の配信は1月28日(土)午後9時より中継いたします。

今後は毎週土曜の夜9時に生中継していく予定です。

録画も同時にしますので、後でアーカイブをご覧になることもできます。

UST配信アドレスはこちらです。↓↓↓

http://www.ustream.tv/channel/しがらきACT

ぜひご覧ください。
JUGEMテーマ:地域/ローカル


| 信楽ACT2012 | 23:55 | comments(0) | -
信楽ACT2012 公演の打ち合わせ
信楽ACTでは毎回50人(組)程のアーティストさんたちに参加していただいて、窯元散策路や商店街などのエリアに作品を展示したり、パフォーマンスをしたり、即席カフェを作ってもてなしたりしていただいてますが、イベントエリアの玄関口にあたる「新宮神社」ではいつも演奏や演劇などのパフォーマンスを企画しています。

今回の信楽ACT2012においても、この神社でダンスユニットMuDA(むーだ)さんたちによる、身体美の踊りと空間演出で観客を魅了するパフォーマンスをして頂きます。

そこで、まずは現場視察と、信楽の地元音響グループ「創楽」さんとの打ち合わせのため、信楽に来て頂きました。



(音響の機材を見せて頂きながら、どういうことが出来るのか相談します)




この有志の集まりである「創楽」さんは、地元で行うイベントやお祭りなどでいつも出動して頂いている、とってもありがたいグループです。いつも町を盛り上げる準備万端で、無理難題でも頑張っていろいろ考えてくださいます。地元を盛り上げようとする、こういう方々のお陰で私たちも心おきなくイベントをさせて頂いています。

今回のMuDAの演出では、陶芸の町ならではの、本物のロクロや土を使ったすごい演出を考えているそうです!!人が乗ってもびくともしない、巨大な手回しロクロも出動予定です。



さすが一流のアーティスト集団だけあって、いろんなアイデアがいろいろ湧いてきます。

信楽座も、可能な限りお手伝いしていきたいと思います。



また、この新宮神社の参道には、今回の震災で被災した陶芸の町、笠間と益子から「Kasama Art Port」というグループが作品展示されます。

笠間焼の由来は、信楽のとある1人の陶工が指導したことにより発祥したと伝えられているそうで、信楽ともゆかりのある地です。そこで陶芸を営む作家たちにより、壊れた登り窯を修復して焚いた窯の作品を復興のシンボルとして展示して頂く予定になっています。





| - | 13:10 | comments(0) | -
あけましておめでとうございます

皆様、新年明けましておめでとうございます。


今春、いよいよ信楽ACT2012が幕を開けます。
たった4日間のイベントですが、このイベントに向け、
私たち信楽座は楽しく頑張って行きますので、皆様どうぞご期待下さい。

本年もどうぞ、よろしくお願いします!!龍
| 信楽ACT2012 | 17:37 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE